LIFE STYLE

【簡単】ルシェロ/ピセラ歯ブラシの選び方をわかりやすく解説!

  1. HOME >
  2. LIFE STYLE >

【簡単】ルシェロ/ピセラ歯ブラシの選び方をわかりやすく解説!

ルシェロとピセラ

歯科医、歯科衛生士の推奨も多い「ルシェロ」「ピセラ」の歯ブラシ。
知り合いの歯科衛生士からおすすめされ、使ってみたらとても磨きやすかったのです。


それから僕は「ルシェロ」を愛用しているのですが、種類も多くてどれを買ったら良いのかわかりづらかったのです


今回の記事では、以下の疑問が解決できるように記事をまとめました。
参考にしていただければ幸いです。

  • 自分には、どの種類の歯ブラシが合っているのかな?
  • 「ルシェロ」「ピセラ」それぞれの特長や違いが知りたい
  • BとP、10と20の数字、MとSって何が違うの?

ルシェロ/ピセラ歯ブラシを選ぶための基礎知識

基本の8種類を押さえておけばOK

「ルシェロ」「ピセラ」のシリーズでは、基本の8種類を押さえておけば、とりあえずOKです。

  1. ルシェロB-10M
  2. ルシェロB-10S
  3. ルシェロB-20M ピセラ
  4. ルシェロB-20S ピセラ
  5. ルシェロP-10M
  6. ルシェロP-10S
  7. ルシェロP-20M ピセラ
  8. ルシェロP-20S ピセラ

上記8種類がスタンダードモデルです。


ルシェロには「ホワイトニング専用」「インプラント専用」など、特徴的なシリーズもありますが、まずは基本の8種類から選ぶようにすると良いでしょう。

BとPの違い

BはBasic(基本)の略。
Bシリーズがルシェロで最も基本の歯ブラシです。

虫歯の予防向け歯ブラシ。健康な歯肉の方向け。

PはPerio(歯周病)の略。
Pシリーズは歯周病予防~歯周病の方に向けた歯ブラシです。

磨いたとき血が出る、歯肉に痛みがある方向け。

10、20の数字による違い

数字の「10と20」は歯ブラシの大きさを表しています。
簡単にまとめると、大きさの対象は次のとおり。

  • 10=歯ブラシの大きさがふつう=男性向け
  • 20=歯ブラシの大きさが小さめ=10代の方/女性向け

また、20の歯ブラシは「ピセラ」という名前が付けられています。
「ピセラ」=小さめと覚えてもらったらOKです。

長さが違う

上=10の歯ブラシ、下=20の歯ブラシ

上記の写真を見ると、長さが違うのがわかりますね。
長さを測ってみました。

  • 10=18.5cmくらい
  • 20=17.5㎝くらい

差は1㎝ですが、手に取った時の感覚は違います。
10は奥歯が磨きやすく、20は取り回しがよいです。

ヘッドの大きさが違う

上=10の歯ブラシ、下=20の歯ブラシ

ヘッドの大きさも違います。長さを測ってみました。

  • 10=2.5㎝くらい
  • 20=2.0㎝くらい

長さの差は0.5㎝です。
しかし、20はただ短いだけではありません。


やや幅が広く、4列植毛になっています。

上=10の歯ブラシ、下=20の歯ブラシ
  • 10=縦3列植毛
  • 20=縦4列植毛

10は奥歯が磨きやすく、20は短い歯でも安定して磨ける特長があります。

MとSの違い

商品名の最後にある「MとS」は毛の固さを表しています。

  • M=毛の固さがふつう
  • S=毛の固さがやわらかめ

最初は、S=やわらかめ から試してみるのがおすすめです。

結論、選び方の軸は3つ

歯ブラシを選ぶための基礎知識で書いたとおり、選び方の軸は3つです。

①自分の歯が健康なのか、血が出やすい状態なのか
②男性なのか、女性なのか、10代なのか
③歯ブラシの毛は固めがよいか、やわらかめがよいか

以上のように整理してみると、選び方はとても簡単ですよね。

ルシェロ/ピセラ歯ブラシを1つずつ解説

ここからは、歯ブラシを種類別に解説していきます。
自分にはどの歯ブラシがあっているのか、1つずつ見ていきましょう。

ルシェロB-10(M/S)

ルシェロB-10は「B=Basic」、「10=大きさがふつう」なので、

ルシェロB-10 は、健康な歯の男性向けの歯ブラシです。

ルシェロB-10M

先端の毛が高くなっているのが特長です。
奥歯が磨きやすく、歯の間にも毛が入り込みやすい。


固さがあり、しっかりと磨くことができる歯ブラシです。


より固めがよい方は、こちらの「M=毛の固さふつう」を選んでください。

少しやわらかい方がよい方は、「S=毛の固さやわらかめ」がおすすめ。
私が使っているのはこの歯ブラシです。

ルシェロピセラB-20(M/S)

ルシェロB-20は「B=Basic」、「20=大きさが小さめ」なので、

ルシェロピセラB-20 は、健康な歯の10代/女性向けの歯ブラシです。

上=ルシェロピセラB-20M

女性・10代の方の口のサイズに合わせたコンパクトヘッドが特長です。
幅の広い4列植毛が小さな歯にフィット。


こちらも固さがあり、しっかりと磨くことができる歯ブラシです。


より固めがよい方は、こちらの「M=毛の固さふつう」を選んでください。

少しやわらかい方がよい方は、「S=毛の固さやわらかめ」がおすすめ。

ルシェロP-10(M/S)

ルシェロP-10は「P= Perio 」、「10=大きさがふつう」なので、

ルシェロP-10 は、歯肉に痛みや出血がある男性向けの歯ブラシです。

ルシェロP-10M

毛足の長さをB-10より長めに設計して、歯間部により入り込みやすくなっています。
B-10よりやわらかく、優しく磨くことができる歯ブラシです。


歯垢をしっかり取りたい方は、こちらの「M=毛の固さふつう」を選んでください。

炎症、痛みの強い方は、「S=毛の固さやわらかめ」がおすすめ。
極細テーパー毛を採用しているので、痛みの強い方も安心です。

ルシェロピセラP-20(M/S)

ルシェロP-20は「P=Perio」、「20=大きさが小さめ」なので、

ルシェロP-20 は、歯肉に痛みや出血がある大人の女性向けの歯ブラシです。

コンパクトヘッド、幅の広い4列植毛はB-20と同じです。
毛足の長さをB-20より長めに設計して、歯間部により入り込みやすくなっています。


B-20よりやわらかく、優しく磨くことができる歯ブラシです。


歯肉に優しく、しっかり磨きたい方は、こちらの「M=毛の固さふつう」を選んでください。

炎症、痛みの強い方は、「S=毛の固さやわらかめ」がおすすめ。
ソフトテーパー毛を採用しているので、痛みの強い方も安心です。

ルシェロ/ピセラを表で比較する

上記で述べてきたルシェロ/ピセラの対応表を作成しました。
歯ブラシを選ぶ際のご参考まで。

男性女性10代
健康な歯肉(毛ふつう)ルシェロB-10M ルシェロピセラB-20M ルシェロピセラB-20M
健康な歯肉(毛やわらかめ) ルシェロB-10S ルシェロピセラB-20S ルシェロピセラB-20S
歯肉が痛む、血が出るルシェロP-10M ルシェロピセラP-20M
歯肉の痛みが強い ルシェロP-10S ルシェロピセラP-20S

ルシェロ/ピセラで自分に合った歯ブラシを見つけよう

ルシェロ/ピセラの歯ブラシの選び方を解説しました。

ルシェロ/ピセラは磨きやすい歯ブラシですが、種類も豊富です。自分に合った歯ブラシをしっかり選ぶことで、その効果が高まります。


悩んだらまずは「やわらかい、優しい」歯ブラシから選んでみてください。
固い歯ブラシが痛かった場合使えませんが、やわらかい歯ブラシなら使うことができます。

使ってみて大丈夫だったら、固めの歯ブラシにシフトしていく。

この方法なら無駄なく自分に合う「ルシェロ/ピセラ」を選ぶことができます。

自分に合う 「ルシェロ/ピセラ」の歯ブラシ を見つけて、歯の健康を守っていきましょう。

-LIFE STYLE
-